なにが重要?世帯別の賃貸住宅選びのポイント


ファミリー世帯の賃貸住宅選びのポイント

小さなお子さんはどうしても病気にかかることが多いため、すぐ近くに病院やクリニックがあるかは大事なポイントです。また、お子さんを遊ばせるための公園も重要な施設です。公園は親同士が交流を深める場としても活用でき、コミュニティ作りにおいても大切になるでしょう。間取りは、常にお子さんを見守れるように、キッチンからリビングダイニングが見渡せるLDKがおすすめです。子供は成長するのも早く衣服などはどんどん増えていくため、収納スペースも多すぎるくらいがいいでしょう。

シニア世帯の賃貸住宅選びのポイント

年を重ねるごとに、どうしても病院などにお世話になる回数も増えてきます。そのため、シニア世帯にとって医療福祉施設が近くにあるかどうかは重要なポイントです。また、家族や親族の住む場所からアクセスしやすい立地であれば、何かあった場合にもすぐにかけつけられ安心でしょう。バスなどの公共交通機関が利用しやすい立地であるかどうかも、生活していくうえで重要になります。そして安心して暮らしていくためにはバリアフリー設計であるかも大切なポイントです。広々として段差が少ない設計かどうかや、浴室には手すりが付いていて滑りにくい床になっているかなど、安心して生活できるつくりになっているか確認しましょう。

共働き夫婦二人世帯の賃貸住宅選びのポイント

共働きの場合、勤務時間や休日が異なるといったことも珍しくありません。そのため、お互いに気を使わずに睡眠がとれるように、2DKなどそれぞれ独立した部屋を持てる間取りにすることがおすすめです。共働き世帯にとっては、それぞれの勤務地の中間地点に位置する物件を選ぶことも大事です。二人とも夜遅くまで働いている場合には、遅くまで営業しているスーパーが近くにあると便利でしょう。

北見の賃貸は、間取りも豊富で単身者からファミリー向けまで幅広くあります。自然豊かな地域ですが、大きな総合病院やスーパー、飲食店もあり利便性が高いと人気です。