収納スペースも自由に作れる!注文住宅の設計を考える


多くの物を保管できる床下収納

収納スペースが広い注文住宅を建築したいなら、クローゼットの数を増やすだけでなく、床下収納の設計にこだわる事をおすすめします。キッチンだけでなくリビングにも床下収納を作っておく事で、クローゼットなどの収納スペースを広く使う事が可能です。注文住宅であれば収納スペースのデザインも自由に選べますから、業者とよく話し合いながら床下収納の作り方を決めましょう。

天井裏を収納スペースとして使う際の注意点

季節物の家電などを収納するために、屋根裏のスペースを活用できる注文住宅を建築したいと考えているのなら、屋根裏の湿気対策を意識してください、湿気が屋根裏に溜まると木材の耐久性が低下するだけでなく、カビや害虫が発生する可能性もあります。注文住宅であれば屋根裏の湿気対策だけでなく、ネズミ対策も考えた構造にする事が可能です。

ロフトも収納スペースとして利用する

大きなロフトのある注文住宅を建築するつもりなら、そのロフトを収納スペースとして活用しておきましょう。ロフトは広さ次第ではタンスなども設置する事ができますし、趣味の道具をロフトにまとめて配している家庭も多いです。

ウォークインクローゼットの広さにこだわる

衣類を数多く収納できるスペースを求めている方々が、注文住宅のデザインを考えるのなら、ウォークインクローゼットのあるデザインを選んでください。多くの衣類を収納できるだけでなく、収納スペースの中を歩きながらお気に入りの衣類を探せるのが、ウォークインクローゼットの利点です。注文住宅であれば小物入れの棚を設置する事もできて、ウォークインクローゼットのデザインも自由に変えられます。

愛知の注文住宅を請け負う業者は、デザインが得意なところ、機能に自信があるなど特長は様々です。業者によって自由度はそれぞれ違うので、家に求める優先順位を決め、それが叶う業者を選択する必要があります。