賃貸物件は予算選びを明確にしよう!?不動産屋に乗せられないことが重要


家賃予算より低めの金額を提示する

賃貸物件を探す時に不動産屋を利用するなら、家賃予算をなるべく低めに提示すると良いです。なぜなら、予算上限を提示しても不動産屋の多くが上限額を超える部屋を内見させて予算上限を引き上げようとするからです。不動産屋の収入源の1つとして仲介手数料がありますが、仲介手数料は家賃額に応じて上限が決まるので少しでも高い家賃の部屋を成約させれば不動産屋の収入が上がります。最初に提示する予算上限とは別に、希望予算を敢えて提示すれば無茶な案内を減らせます。

希望条件には優先順位を付けておこう

部屋の内見前に行う物件選びでは、希望条件が多すぎると優良物件を逃しかねません。部屋の情報チラシを見ると分かるように、不動産屋では自社管理物件以外の情報には限りがあるので、厳しい条件を付けると絞り込みが強くなりすぎます。また、優良物件ほど情報開示量が少なくても入居者がすぐに決まるので、敢えて内見してから決めて欲しいという意図もあって掲載情報を絞り込む大家もいるくらいです。

内見予約は偶数にする

不動産屋経由で賃貸物件を探す際には、内見予約を偶数にすると良いです。なぜなら、奇数の内見を行うと不動産屋が本当に成約させたい部屋を1つに決めてしまい、他の2部屋はイマイチな部屋と予算が厳しい部屋という選びにくいものになってしまうからです。偶数の内見数にした際には、不動産屋独自のテクニックを使いにくくなるので内見時に気を抜けない顧客という扱いになります。内見を行う迄のやり取りだけで、不動産屋からも入居希望者を査定されてしまっていると知っておきましょう。

室蘭と言えば道南の港がある町です。室蘭の賃貸でお勧めな物件は海が好きな人ならば海の近くを選ぶと良いでしょう。利便性で選ぶ場合は東室蘭駅近くが一番栄えていると言えるでしょう。