空間を最大限に有効活用!快適空間を実現する狭小住宅!


広いことが優れていることではない、賢い住宅選び

住宅選びをする際に坪数を気にする人は多いでしょう。どうしても広い空間を求める傾向にあります。ですが、例えば都心部で住宅を探す場合、広い物件はなかなか見付からず、あったとしてもなかなか手が出せない程の費用がかかってしまうはずです。また、広い住宅は、日常の掃除やリフォームといったメンテナンスを考えた場合もデメリットとなるところがあるでしょう。更に、ミニマリストといった価値観も定着してきており、必要最小限の所有物で生活をすることのメリットも認知されてきています。そのような風潮も後押しし、狭小住宅の優位性も認められてきています。住宅選びの際にも広さだけにとらわれず、個人の価値観にあったものを探すと良いでしょう。

狭いといっても侮れない!工夫を凝らした快適空間

住宅選びの際には、狭小住宅も検討の視野に入れることをオススメします。制作者の知恵や技術の高さに舌を巻き、住んでみたいという気持ちが出てくるはずです。例えば、都心の密集地に住宅を構えることで、日当たりが悪く暗い住環境を想像してしまうかもしれませんが、天井の高さや階段の位置を巧みに組み合わせることで、十分な日光を取り入れることが出来ます。どんな住宅も空は平等に開けているのです。また、通路や階段下といった、デッドスペースになりがちな空間も収納棚や書斎などに有効活用するといった工夫もあります。これにより、家具を配置することも不要になり十分な居住スペースを確保出来るのです。他にもさまざまな工夫があり、今後も更なるアイデアが展開されることでしょう。

家を建てる場合、土地の形はさまざまです。特に角地や変形地の場合、ローコストな狭小住宅を選ぶ方がいらっしゃいます。