どんなスタイルがあるの?注文住宅の工法を調べてみよう


家の骨組みを作る方法

注文住宅の工法とは家の骨組みを造る方法のことです。材料や家を支える仕組みも工法によって異なります。完成した状態を見ても、どの工法で建てられたのかは分かりにくいものです。そこで今回は多種多様な工法について紹介していきます。

デザインの自由度が高い木造軸組工法

昔ながらの技術として長年使われているのが木造軸組工法です。木の柱、梁と筋交いを使って骨組みを造る方法で、在来工法とも呼ばれています。木材の先端に溝を入れ、それを?合わせることで接合していくのが特徴です。構造的な制約が少なく、デザインや設計の自由度も高くなっています。筋交いを建物の隅に入れることで、耐震性を確保しやすいのもポイントです。木材のほとんどは機械加工なので、職人の技術力にばらつきも出にくくなっています。

断熱性や気密性にも優れているツーバイフォー

北米から輸入され、一般にも技術が公開されているのがツーバイフォーです。箱型の構造をしており、耐震性はもちろん断熱性や気密性にも優れています。屋根、天井、床を面で構成することによって骨組みを強く支えられるのが特徴です。材料が規格化されているので木造軸組工法と比べて工期も短くなっています。

遮音性に優れている鉄筋コンクリート構造

しなやかさと強度を併せ持っているのが鉄筋コンクリート構造です。高層ビルによく使われている工法で、遮音性も優れています。鉄をコンクリートで覆うのでサビが発生することもありません。デザイン性が高く、型枠次第で自由に形を造れるのも特徴です。他の工法と比べて工期が長く、費用も高めになっています。

注文住宅を購入する際には、やはり予算のことが一番頭を悩ませます。一生にそう何度もする買い物ではありません。横浜の注文住宅を購入するなら、予算別にいろいろなプランを比較検討してみましょう。